汗ってなんだろう

汗の正体

女性

汗というのは、人間をはじめとする哺乳類が、体温調節を行なうために分泌している液体です。成分については99%が水なのですが、残りの1%には様々な固形物が含まれていて、その中にはクレゾールや尿素などの化学物質が含まれているそうです。汗が分泌される理由としては、体温が上昇した際に分泌されて、皮膚の表面で揮発することで熱を奪う潜熱の効果があるとされています。また、詳しいことは分かっていませんが、人間の汗にはフェロモンとしての効果があるのではないかという事も言われています。

汗を沢山かく人間

人間は、他の生物に比べると汗を沢山かく動物です。例えば犬を始めとするイヌ科の動物は、汗腺が殆ど無いので、汗による体温調節が出来ません。熱い時に犬が舌を出しているのは、舌から放熱することで体温調節をしているのです。同じような動物としてゾウやウサギも汗をあまりかかない動物で、大きくて長い耳を動かして、耳に張り巡らされた血管の中の血液を冷やすことで、体温調整を行っています。一方の人間はというと、特に激しい運動をしていなくても常に少しずつ汗を出していて、1日に1000ml程度は汗をかいているとも言われます。これだけの発汗をする動物はあまり例がなく、長距離を走ることが出来るウマがこれに近いとされています。しかし、これはあくまで通常の運動や周辺環境に寄るものであって、多汗症の汗とは性質が異なります。

違いはあるのか

多汗症の汗と通常の発汗時の汗には何か違いがあるのでしょうか。実は、これについては全く同じものであると考えて差し支えないようです。多汗症の汗も通常の汗も、分泌しているのは皮膚にある汗腺ですから、分泌されているものの正体自体は全く違いがありません。つまり、多汗症で問題になるのは、その量と、分泌される時間や、周辺環境との比較です。通常の汗は周辺が暑かったり、激しい運動をしたり、極度の緊張、発熱、腹痛などの痛みを覚えている時に分泌されるのですが、多汗症の汗は、特に何もしていないにも関わらず発汗してしまうため、その処理に困るという違いがあります。