多汗症の治療|多汗症は意外と多くの方が悩み続けている問題です

多汗症の治療

薬に寄る治療

脇

多汗症の治療法として一般的なのは塩化アルミニウム外用、ポトックス注射、抗コリン薬内服が一般的です。塩化アルミニウム外用では、塩化アルミニウムを溶かしこんだ水溶液を、多汗症で気になっている部位に塗りこみます。主に就寝前に塗ることで効果があり、比較的簡単に行なうことが出来る治療ですが、比較的症状の軽い人に対して行われることが多い治療法であります。また、塩化アルミニウム水溶液の副作用としては、刺激性皮膚炎の可能性がある為、医師と話し合いながら続けていく必要があります。ポトックス注射は、ポツリヌス菌が生成する毒素を、汗をかいている場所に直接注入する事で、汗腺の働きを停止させて発汗を止める治療法です。ただし、保険適用外、注射の傷みが強い、半年程度しか効果が持続しないという点で、少しハードルの高い治療法になります。抗コリン薬内服については、まだ研究段階ですが、他の治療法が効かない人に対して使われることが多いようです。汗を出す刺激を与える神経伝達物質であるアセチルコリンという物質が出るのを抗コリン薬が阻害することで、発汗を止めます。副作用として視覚に影響が出ることがあり、かすみ目、強い眩しさを覚えるため、機械類の運転や操縦、細かい作業を行なう方は、医師と相談してこの治療を行うかどうかを検討されることをおすすめします。

外科的治療

多汗症の治療としては外科的な治療もあります。代表的なものは神経ブロック、ETS、マイクロウェーブ療法、反転剪除法というものがあります。まず神経ブロックですが、これは首の付根のあたりにある星状神経節という場所にアルコール、もしくは麻酔を駐車することで、多汗症の症状を緩和するものです。本来は神経痛に悩まされる方に行われていた施術ですが、多汗症にも一定の効果があるため行われています。この方法は半永久的なものではなく、大体3ヶ月程度で効果が切れるようで、その度に治療が必要です。ETSは交感神経遮断手術の略で、交感神経を切除してしまうので、そもそも汗を出すという司令自体が感染に届かないので、多汗症の症状はピタリと止まるため、大変効果の高い施術ですが、切った神経は元に戻らないという性質があるので、この治療を行う前に他の治療もためしてみるのがオススメです。また神経を切った後は、元々多汗症で悩んでいた場所の汗は止まるものの、その他の場所の発汗が増える代償性発汗という症状が見られます。このこともあるので、ETSは最終手段と考えておいてもいいかもしれません。マイクロウェーブ療法は、多汗症の症状が出ている部位の汗腺に電子レンジなどで使用されている電磁波のマイクロウェーブを照射して、その部位の汗腺を破壊します。副作用も少ないために、他の治療法に比べると手軽に行えることから、普及が進んでいます。反転剪除法については、汗腺を直接取り除く治療法です。皮膚に小さな切れ目を入れて、汗腺を目視で直接取り除きます。汗腺自体を取り除きますから、その場所からの発汗は収まります。全てを取り去るのは難しいので、発汗自体が完全に止まるわけではありませんが、神経を切ったりするわけではないので、術後の傷みなどを痛み止めで抑えつつ生活していけば、比較的リスクの少ない治療法といえるかもしれません。