多汗症の悩み|多汗症は意外と多くの方が悩み続けている問題です

多汗症の悩み

周囲の目が気になる

脇

多汗症の方の一番の悩みは、汗を沢山かく事なのは間違いないのですが、それが原因になって、また違った悩みを引き起こすことがあります。多汗症の方の汗のかき方は尋常なものではありません。まるで全力疾走で走り回ったか、それとも雨の中を突っ切ってきたのかというほどのこともあるようですが、本人が意識してそれを止めることができません。汗の量が多いので、服装や髪型にも、他の人とは違ったところが見受けられます。特に女性の方で頭部の多汗症が多い方は、メイクを頻繁に直したり、もしくはメイク自体が出来ないという事でお悩みの方も多いようです。また、腋の多汗症の場合に問題になるのが服の染みです。汗で濡れた腋の部分が染みになってしまいます。脇汗と言うのは元々臭いが強い汗ですから、ワキガと間違えられる事もあります。臭いが周囲の人に不快に思われていないかが不安で、頻繁に着替えたり、腋汗パッドが手放せないという方も多いでしょう。手の平の多汗症は、特に多いのが人との握手が怖いというものです。手のひらの多汗症は、軽度のものでは少し湿っているという程度ですが、酷くなると水滴が分かるほど汗をかきます。握手の際に手を拭いてからとはいえ、相手がどう思うかが不安で、握手が出来ないのです。また、握手した後で相手が手を吹いているのを見て、分かっていてもショックをうける方は多いようです。足の裏の多汗症では、足の臭いが気になる方が多いようです。元々足の裏というのは雑菌が多いので、汗により更に雑菌が増え、臭いの元になります。人前で靴を脱ぐのが怖いという方も多いようです。また、水虫を併発してしまう方もいらっしゃいます。これらの多汗症の悩みは、たかが汗、汗っかきだからしょうがないという言葉では解決できないほどのものです。本人が多汗症という事に対して、周りの人が理解がないのが患者さんにとって一番つらいのではないでしょうか。

周囲の人の対応

多汗症は体質の問題です。原因は疾病や神経の異常ですから、本人の心構えとか我慢でどうにかなるものではありません。もしご家族やお知り合いに多汗症の方がいたら、その事を理解してあげる必要があります。また、多汗症の原因になっているものとしては更年期障害もあります。ご家族の女性の方で、急に多汗症を発症した場合は、その事を少し考えてあげると良いかもしれません。多汗症は、それ自体も厄介な病気ですが、それによって生じる生活の不具合も本人にとっては非常に不快で、苦痛です。しかし決して治療できない病気ではなく、薬や手術によって症状を軽減したり、ほとんど完治させることが可能になりますので、まずは医療機関にご相談されることをオススメします。